よろずやの独り言

よろずやの独り言
よろずやの独り言へようこそ! くらしに役立つ情報や、貴重な体験談などを取り上げていきたいと思います。

健康保険証 社会保険の任意継続と国民健康保険0

健康保険証は、大雑把にいうと社会保険(社保)と国民健康保険(国保)に

分かれます。

社会保険は会社へ勤務している人たちが加入し、それ以外一般の人たち

は国民健康保険へと加入義務があるというわけです。

 

健康保険証のうち、特に社会保険は会社を退職する場合はその勤務先

へ保険証を返却するようになりますので、その後に国民健康保険かまた

「任意継続」するかという選択肢になります。

退職するときに、健康保険(厚生年金)被保険者資格喪失証明書を会社

からもらっておき、手続きをスムーズにおこなえるように準備しましょう。

 

健康保険証は、厳密にいうと親類の被扶養者になるという選択肢もあり

ますが、被扶養者の要件としては生計維持関係があることと、 あなたの

今後の収入見込み額が年収130万円未満であることです。

上記の場合、失業給付受給中や年金受給者で180万円以上の収入が

あると原則加入はできないのです。

 

そうそう、被保険者の認定には、収入面などで「非課税証明」や「年金の

支払通知書」などの添付が必要な場合があるので、頭の片隅にでも記憶

しておくといいでしょう。

 

健康保険証は、いつどこでケガや病気になるか分かりませんので、資格

が喪失した時点でスグに切り替えて加入する必要があります。

 

健康保険証の選択肢を「任意継続」にする場合は、ポイントとして退職前

2ヶ月以上健康保険に加入していたことと、退職後20日以内に手続きを

することが必須条件となりますので注意が必要です。

この20日を過ぎると加入ができませんし、保険料の納付は各自でおこな

いますので、納付を忘れると即時資格喪失となります。 

 

健康保険証の任意継続の加入有効期限は、最長で2年間となりますが

上記のように納付忘れなどで資格が喪失した場合、その月度から国民

健康保険へ切り替え加入の手続きをとるようになります。

また、任意継続中に次の職場へ転職する場合も、資格の喪失ではあり

ませんが、その時は新しい勤務先の社会保険へ加入するようになります。

 

 


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔