よろずやの独り言

よろずやの独り言
よろずやの独り言へようこそ! くらしに役立つ情報や、貴重な体験談などを取り上げていきたいと思います。

抜け毛に悩む前に、抜けた毛髪をチェックしよう0

抜け毛が気になっている人は、自分の「抜けた毛」がどのような状態に

なっているのか、きちんとチェックすることが必要です。

多少個人差はあるものの、1日に抜ける髪の毛の本数は、通常だと50本

から100本程度といわれます。

 

抜け毛をチェックすることで、将来自分の頭髪がどうなっていくのか少しは

予想がついてきます。

抜けた毛の状態によって、何が原因でなぜ頭髪が薄くなってきたのかが

ある程度わかるからです。

 

抜け毛のチェック方法ですが、抜けた頭髪の毛根の状態を虫眼鏡などで

見てみましょう。

抜けた毛根を見て、形の良い綿棒状になっているのであれば正常と判断

できます。

これは髪の毛の寿命なので、はげることを心配することないでしょう。

 

毛根が綿棒状以外の形で、毛根の膨らみが少なく細長くなっているときは、

栄養が不十分であるために抜けやすくなっていると思われます。

毛球が太くて短くなっている場合には、頭皮が衰えていることが考えられ

ますし、もし毛球に黒っぽい色素沈着がある場合には、皮脂の過剰分泌が

疑われますのでよく確認してみて下さいね。

 

当然なことですが、自分で判断するのが難しいと思いますので、心配な人は

抜け毛の専門医やそれなりの専門サービスで調べてもらいましょう。

髪の毛にも、成長期、休止期、退行期とそれぞれ成長サイクルがあります。

春や秋は、夏や冬に備えた身体の変化にともない、多少抜け落ちる毛の量

が増える時期なんですよ。


この季節的な要因とは別に、髪の毛に何らかの異常がある場合には、毛の

成長サイクルが狂ってしまい、休止期から成長期になっていき、毛の量が

少なくなって薄毛になるのです。

日常生活などによっても、自分が抜け毛体質であるかどうかをチェックして

みましょう。

 

抜け毛に悩む前に、喫煙、飲酒、ストレス、外食が多い、不規則な生活、

体毛が濃い、頭皮が硬い、パーマやヘアーカラーをしている人は要注意

ですよ〜!

この他にも、最近髪の毛が細くなってきた、親類に薄毛の人が多いという

人も、抜け毛が進行していくことが疑われます。

 

抜け毛の原因と状況をなるべく早めに把握して、早期に予防と対策すると

いいでしょう。

そうすることで、自分にあった抜け毛対策法を早い時期に気づくことができ

ますし、少しでも育毛できる可能性が広がります。

また、育毛がどうしても難しいという方は、植毛やカツラ(ウィッグなど含む)

の利用を今後検討する必要があるかもしれませんね。

 

参考になるサイトを紹介しますので、是非こちらものぞいて見て下さい〜

⇒ 抜け毛対策 薄毛予防

 


トラックバックURL

この記事にコメントする
名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔